認知症の家族を支えるうえで必要なサポート|認知症の家族と患者の支え隊

最新情報

認知症を 支える組合

認知症の家族を支えるうえで必要なサポート

ある日突然、家族の一人が認知症と告げられると、誰ででも戸惑い、今からどうすればいいのか、分からなくなります。

また、認知症の原因となるものは、たくさんあり、症状の出方もそれぞれ違います。

比較的に、良く耳にするのが、もの忘れから始まるアルツハイマーですが、基本的には、脳の疾患になります。

最近は、世界的にも、医学の発達、健康法の流通などにより人が長寿になったことも考えられますが、殆どの患者が高齢によります。

厄介なのは、若年性の認知症です。

まだ、働き盛りの元気な方が、罹ってしまうと家族はより大変です。

そうならない為にも、日頃からの予防もあります。

全体的に、不摂生をされている方は、要注意です。

基本的な、日常生活から、食生活にも関わってきます。

通常、お勤めされている方は、毎年の健康診断などがあるので、
その中に脳の検査も含めるといいですが、
主婦は、殆どいかない方が多いようなので病気も初期には見つけにくいといわれています。

最低でも、年1回は、徹底的に検査しましょう。

認知症は、初期段階で治るものもあります。また、根治はしなくても、早い段階で進行を抑えることも可能です。

現在、遺伝があるといわれているのが、アルツハイマー型です。

家族にいる場合は、特に注意が必要です。

アルツハイマーに関しては、研究が進められており、近い将来期待できそうな気配です。

また、近頃は、脳にいいとされる健康食品など(例えば、DL/POホスファチジルコリン:卵黄大豆エキス含有サプリメント)もたくさん出ています。

近い将来の、高齢者社会に間に合うように、あらゆるところが研究対象されているようです。

認知症に関するサイトもたくさんあり、介護施設もその方の都合のいいように選べる、いろんなタイプが出ています。

何かあってからでは遅すぎる

子供が、確実に面倒を見ることのない時代背景により、高齢者が1人暮らしも多い世の中です。

何かあった時では、対処が遅すぎ、孤独死も増えつつあります。

その様なことのないように、元気な内に、いろいろ先の事を考えておくのも1つの手です。

そのような対処法の、本やDVDなどもたくさん出ています。

困ったときには、参考になるかも知れません。

認知症の家族を支えるうえで必要なサポート|認知症の家族と患者の支え隊

COPYRIGHT (C) 2016 認知症の家族と患者の支え隊 ALL RIGHT RESERVED.